Retina MacBook Proのファームウェア・アップデート2.0で描画がサクサクになった!

Retina MacBook Proのファームウェア・アップデート2.0がきていたので、早速アップデートしてみたところ、描画がめちゃくちゃサクサクになって、描画が安定しました。

アップデート内容

 

MacBook AirおよびMacBook Pro アップデート 2.0

このアップデートでは、グラフィックパフォーマンスと信頼性が向上し、一部のUSBデバイスとの互換性が改善されます。このアップデートは、2012年6月に投入されたすべてのMacノートブックに推奨されます。

アップデートによる改善

描画速度

アップデートしたあと、Dockにあるアプリケーションフォルダをクリックしてみると、尋常ではない速度でアニメーションして開きました。とっても滑らかです。OS X 10.8.2になった時も、滑らかになったと思ったのですが、それを遥かに上回る改善度合いです。

描画の安定性

リリースノートに呪文のように書かれる、おきまりの「信頼性が向上」というキーワードですが、本当に描画の信頼性が向上しています。OS X 10.8.2になって、液晶の焼き付きによる残像ではなく、ソフトウェア的な残像がでることが頻繁にありました。(ブログ記事:Retina MacBook Pro の描画が遅くなった

この記事を書いた後、Safariだけではなく、テキストエディット.appでも残像が起こることを確認していました。

私は、WWDC 2012のビデオを見ながら、大事なところをスクリーンショットにとって、切り貼りしてテキストエディットにメモしていたのですが、そのファイルを表示する時に頻繁に残像現象が発生していました。

動画では、時間の都合で、残像が発生してから少しの間しかスクロールを停止していませんが、ずっと停止していると残像もずっと残っています。残像部分を表示領域から外れるようにスクロールさせて再表示させると、復活します。

  • 残像1(動画1秒~6秒)

ファイルの内容

 

  • 残像2(動画27秒~32秒)

ファイルの内容

この残像は、画像だけではなく、テキスト部分でも起こっていました。

また、頻度的には、このファイルを見ると必ず起こっていました。

これが、ファームウェアのアップデート後、残像が起こらないようになっていました!


関連記事

One thought on “Retina MacBook Proのファームウェア・アップデート2.0で描画がサクサクになった!”

  1. Its like you read my mind! You seem to know so much about this, like you wrote the book in it or something. I think that you could do with a few pics to drive the message home a little bit, but instead of that, this is great blog. A great read. I will definitely be back.
    website optimization

コメントは停止中です。